文字サイズ
店舗・ATM

しずおか焼津信用金庫 健康経営宣言

1 目的

 しずおか焼津信用金庫では、地域のお客様から真に選ばれ、真に必要とされる金庫であり続けるために、心身ともに健康で活力溢れる職員が長く働き続けられるように「職員の幸せを追求する」という基本方針を制定しています。
 その背景には、「職員や家族の心身の健康」が幸せに繋がるとともに、企業の競争力を高める重要課題と位置付けられていることに起因しています。私たちは、その保持・増進を図る「健康経営」を推進すべく、「しずおか焼津信用金庫 健康経営宣言」を制定致します。
 

2 健康経営宣言

 しずおか焼津信用金庫は、「地域の未来によりそう」というスローガンの実現に向けて、重要な経営資源である「職員」の健康に投資することで、生産性の向上を図り、健全経営および持続的な成長を目指して参ります。

                                令和2年9月30日
                   しずおか焼津信用金庫 理事長 田形 和幸

3 主な取組内容

 (1)「しずおか焼津信用金庫 健康経営宣言」の制定
 (2)健康課題の把握とコラボヘルス事業の推進、職場環境の整備
 (3)産業カウンセラーおよび産業医と連携したメンタルヘルスケア体制の充実
 (4)健康増進支援Webサービス「Pep Up」導入

4 実施体制

健康経営最高責任者 理事長 田形 和幸
健康経営推進責任者 常勤理事 人事部長 岩瀬 洋一郎
事務局 人事部
 健康経営最高責任者である理事長のリーダーシップの下、健康経営推進の事務局である人事部が、人事部長を推進責任者として、各種施策の企画・立案・施策の実施、検証に取り組んでおります。
 また、専門家である産業医、衛生委員、健保組合や従業員組合とも連携して、施策の浸透を図っております。

5 健康課題と施策内容

 (1)階層別の健康診断の実施(受診率100%を目指す)
 (2)要再検査対象者の原則受診の徹底
 (3)産業カウンセラーの常駐(職員のサポート体制の充実)
 (4)健康増進支援Webサービス「Pep Up」の導入(2019年4月~)
 (5)健保主催のウォーキングイベントへの職員参加(2019年10月実施)
 (6)全職員の敷地内及び就業時間中の禁煙(2019年4月 静岡県へ禁煙宣言)